Concept
コンセプト
Concept

個別指導で一人ひとりの個性に合ったペースで

従来の集団で全く同じ学習ペースにて進めていくスタイルでは、生徒様の一人ひとりの個性がなくなってしまうデメリットがございます。そうではなく、個別指導で一人ひとりの個性に合わせた学習カリキュラムを組み、勉強は本来楽しいものであることを生徒様に伝えてまいります。

「無学年方式」で一人ひとりに最適な学習を

子ども達が勉強が嫌いになる要因として代表的なのが、「学校の授業についていけなくなった」といったものです。急に難易度が上がる小学校中学年や、中学入学・高校入学などに起こりがちです。これが集団一斉指導の弊害であり、同時に限界でもあります。こうならないよう、「無学年方式」という指導スタイルを採用してまいりました。学年に関係なく、目の前の生徒様一人ひとりに合わせた個別指導カリキュラムを組んでいくのです。性格・個性・現状の学力・教科別の得手不得手・ご家庭での指導方針などに合わせ、最適な学習指導ができるよう尽力いたします。無理のないペースが学習が進められ、勉強の楽しさが理解できるようになってまいります。

「思考力・判断力・表現力」が新時代に必要

ITインフラの発達に伴い、歴史上類を見ないほどのスピードと量で情報が蔓延するようになりました。日本にいながら、ブラジルに住んでいる友人ともテレビ電話ができる時代です。この新時代に求められるのは従来の与えられた課題を黙々とこなす「順応性」ではなく、得た情報を自分なりに精査して自分なりの行動へと昇華する「自主性や個性」であり、知識の詰め込みだけでは不十分です。子ども達の「思考力・判断力・表現力」をいかに伸ばすかが、新時代の学習において非常に重要なポイントになってまいります。そのために「明日の学力診断(あすがく)」というテストで、「思考力・判断力・表現力」を見える化した学習診断を行います。

学ぶ楽しさを覚え自主的に机に向かうように

基本的に大人も子どもも、心から楽しいものであれば誰に言われるまでもなく忙しい中でもなんとか時間を作り、率先して取り組もうとするものです。子どもの場合は、熱中するスポーツや趣味、友人と遊ぶ時間、ゲームの時間などは親が何も言わなくても嬉々として取り組んでいることが多いのではないでしょうか。このことから、「楽しむ」という要素が人生において大変重要なファクターであることが理解できます。学習面も、自分なりに考察し答えを導き出す達成感が「楽しさ」へと繋がり、その結果、親が何も言わなくても率先して机に向かうよう成長してまいります。そのために必要なのは、厳しさではなく、褒めて学習を楽しんでもらうことです。

いつの時代も、多くの親にとって共通の悩みでもあるのが、「子どもが勉強をやってくれない」といったものかもしれません。そしてその親もまた、子ども時代に勉強が好きだったかというと、そうではないケースが多く見られ、この連鎖が世代を超えて続いてしまいます。学研教室では、いかに子ども達の個性を伸ばし勉強を楽しいものと感じてもらえるかに力を入れております。千葉の生徒様が学習塾(中学生)に率先して通い、ご自宅でも率先して机に向かう習慣が身に付くよう、褒めて問題を自分の力で解くことが「楽しい」と実感できるようなサポートを行います。